彼女を作る

人肌恋しい季節…冬休み中に彼女を作る秘密の7ステップ

人肌恋しい季節…冬休み中に彼女を作る秘密の7ステップ

7ステップで彼女をゲット、ドキドキ作戦で攻めろ

弾けるような夏が終わると、なんだかさみしく感じますよね。

夏は元気に、冬はロマンチックに。

・・・なんの話かって?

決まってるじゃないですか、恋の話ですよ!

冬休みは短いけれど、イベント盛りだくさんです。

クリスマス、年越し、スキーやスノーボード、初詣にお正月。

白い息を吐きながら、今年こそあなたが恋する彼女と手をつないで楽しい思い出を作りましょう!

とはいえ、冬休みは短期決戦です。

いきなり冬休みに入ってから準備開始で彼女ができる。

なかなかそうは上手くいきません。

では、準備はいつからすれば良いのでしょう。

思い立ったが吉日。

今でしょ!

 

冬休みに彼女作るぞ、ドキドキ作戦

まずは何をするべきなのか。

デートに誘う?

告白する?

はやーい。

それはまだ早いです。

土台がしっかりしていなければ家は建ちません。

夏休みから冬休みにかけてあるビッグイベントとは、なんでしょう?

そう・・・『文化祭』です!

冬休みに彼女を作りたければ、しっかり文化祭でタネをまいておきましょう。

やがてそのタネが芽を出して、恋という名の花を咲かせるように!

恋愛に必要なものは、なんでしょう。

どうすれば彼女はあなたを意識するようになるのでしょう?

今回は『高揚感』について考えて見ましょう。

A、図書館で勉強しているときに、いきなり手を握られた。

B、野球観戦の大歓声のなかで、どさくさまぎれに手を握られた。

いきなり手は握れないでしょ!

と思う気持ちはわかります、が、こんな話もあるんです。

好きな人といると緊張してドキドキしてしまうことってありますよね。

人間って恋以外の場面でも心拍数が上昇する機会がいっぱいあるんです。

ランニングの後だったり、スポーツ観戦や、カラオケなんかで盛り上がっているときにも心拍数って上がってますよね。

そういうときに、到来する恋の予感って、受け入れられやすいものなんです。

なぜかというと、ドキドキしているから。

本当は全くもって恋が原因な訳ではない、にも関わらずドキドキしていると、脳がそれを恋だと自動的に錯覚してしまうものなんです。

ということは、イベントごとを逃す手はないですよね!

 

冬休み中に彼女を作る秘密の7ステップ

恋にはいくつかの段階があるものです。

  1. まずは男女が出会う
  2. 相手が気になり始める。
  3. 気になる理由を自分で考え始めて、おや、と思う。
  4. 恋を自覚する。
  5. 相手の気持ちを知りたくなって、怖くなる。
  6. 相手に好意があるとわかり、喜ぶ。
  7. 交際を申し出る。

1・まずは男女が出会う

  校内恋愛であれば、この段階は自然に起こるものです。新しい出会いが欲しければ、学校外のクラブ活動や、習い事を始めるのも良いですし、SNSなどのオフ会に思い切って参加してみるのも手かもしれません。

2・相手が気になり始める

  あなたは、気になる彼女に『気になってもらわなければならない』のです。自然に距離を縮められるのは、やはり校内の非日常的イベント、運動会や、文化祭!積極的にイベントを盛り上げつつ、細かな気遣いでアピールしていきましょう!少なくとも、冬休みまでにはこの段階に持っていきたいものです。

  

3・気になる理由を自分で考え始めて、おや、と思う

  「おや?」と思わせる。これが大切なんです。なにもない休み時間に、ニタニタしながら「LINE教えて」なんてダメですよ!さりげなくアプローチしましょう。冬休みにみんなでカラオケ大会、ボーリング大会、日帰りスノボ、遊園地、動物園、釣り、心拍数が上がりそうなものならばなんでも良いんです。まずはグループで遊びに出かけて、少しづつ距離を縮めでゆきましょう!

 

4・恋を自覚する

  ここです。大切なのはここなんです!このきっかけを作ってくれるのが『冬休み』なんです。普段とは違った距離になって、クリスマスも迫っている。どこかでなにかを期待している自分に、ふと考えてしまう。これって、恋なの?

  

5・相手の気持ちを知りたくなって、怖くなる

  お互いに、なんとなく一緒にいるけれど、これってただの仲良しなんだろうか。自分だけ盛り上がっていて、実は向こうはただの友達としか見ていないのではないか。こんな不安って、誰にでもありますよね。

 

6・相手に好意があるとわかり、喜ぶ

  小さなことが、いちいち嬉しいのが恋ですよね。帰り道が一緒だったり、隣の席に座れたり、温かい缶ジュースを飲みながら話をしたり、メッセージが入ってくるだけで嬉しい。誰かに愛されることって、こんなにも素晴らしいんだと思える瞬間です。

 

7・交際を申し出る

  この一歩こそ、偉大なる一歩です。昨今の男性はこの一歩を踏みだす勇気がなかなかでないものですよね。しかし古来、好意を伝えて交際を申し出るのは男性の役割です。男女のどちらから恥をしのいで告白しなければならないのですから、ぜひ自分からアタックしましょう!

 

冬休みの勝負は年末まで!

年末のカウントダウンが過ごしてしまうと、お正月はどうしても家族との時間が増えるものです。

なんといても一年で一番ロマンティックなクリスマスを逃す手はありません。

クリスマスを一緒に過ごしてくれるような女性だったら、成功したようなものですよね。

ということは、『クリスマスを一緒に過ごそう!』という誘いが事実上の告白の始まりだと考えて間違いないわけです。

が、「それちょっと敷居たかすぎる!」と思うあなたは、クリスマスにかこつけて彼女をデートに誘って見ましょう。

例えば、

・おばあちゃんが財布欲しがってるからクリスマスにあげたいんだけど、一緒に探すの付き合ってくれない?

・友達とクリスマスパーティーでプレゼント交換するんだけど、なにが良いか一緒に考えてくれない?

・クリスマスのボーリング大会に景品が必要なんだけど、一緒に選ぶの付き合ってくれない?

こんな誘い方だったら、彼女がクリスマスにどんな予定でいるのかもわかりますよね。

クリスマスは恋の代名詞のようなものです。

話の流れで「彼氏つくらないの?」とジャブを入れることができれば、文句なしです。

そして、「買い物に付き合ってくれたお礼にメシでもおごるよ(ジュースやアイスクリームでも良いんです!)」などと買い物後にゆっくり時間を過ごして、クリスマスパーティーに誘う。

あるいは雰囲気が良ければ、ここで一気に告白してしまうのもありです。

最後はあなた自身がマニュアルを超えてゆかなければなりません。

何故ならば、彼女は唯一無二の、あなたが選んだ彼女だからです。

さあ、男は度胸。

今年こそ、勝負を決めてハッピー街道を爆走しましょう!

ABOUT ME
manaca
マッチングアプリ法典を編纂している神
管理人愛用マッチングアプリ

あらゆるマッチングアプリを使い倒した管理人が認める珠玉のマッチングアプリ『タップル誕生』

会員のレベルはピンキリなのが欠点ですが、マッチング率が異常に高く、出会いやすさという点では群を抜いています…。

RELATED POST